ふーてん親父の太極的ライフ

現在、kurenyan先生より陳式心意混元太極拳を習い、先生の仰る「太極の拳」を目指して、地元愛知で練習中。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

太極会 愛知名古屋教室

太極会 名古屋教室

伝統太極拳である
陳式心意混元太極拳
を練習します。

場所:レンタルスタジオ E space
 緑区神の倉スタジオ

     
時間:毎週日曜日
   10:00~11:30
スタジオの詳細は右のリンク欄で
参加費:\1500/1回
入会金:\3000

プロフィール

ふーてん親父

Author:ふーてん親父

妻と子供2人の父親。
現在、愛知で陳式心意混元太極拳を練習中。


ただし、私の所属している会は、伝統武術の教授を目的とする会であることから武徳に重きを置きます。これに合わないと思われる方の入会をお断りしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気の武術として①

今週も名古屋の教室練習に行ってきました。

その日、長男をそろばんの試験へ、
長女を空手の試験に送り、
練習スタジオまでおもむろに車で出かけ、
結構いい時間に到着。

少し早く着いたせいか、スタジオに到着すると、
まだスタジオが開けられていない。
しばらく待っていると、スタジオの管理人の女性が到着。

中に入って練習の準備をしていると、
「なかなか生徒さんが来ませんね!」と。
(現在、名古屋教室は私一人のため、ほとんど、自主練習の状態です)
そこから少し話をする中で、当会の他の武術や気功と併習禁止の話から、
「突き一つでも力一杯に突く武術や格闘技がある一方で、逆に混元太極拳は力を抜く事が重要なのです
とお伝えすると、管理人さん(実はバレエの先生です)が
「バレエの生徒さんの中にも、
回転するのに力任せで回転する人もいれば、
軸で回転する人もいますし
、呼吸で回転する人もいます。
でも、力任せに回転する人は、
やはり限界がありますね」

と。
思わずビックリである。

特にふーてんとしては二つビックリしました。、
一つ目は、呼吸というバレエの回転には一見関係がない方法を利用して回転するという点。
当たり前ですが、単に呼吸をするだけでは人は回転しません。
しかし、あたかも呼吸を利用して上手に回転しているようにバレエの先生には見えるのですから。
内功などの気功も、呼吸を使って気を巡らせるので、意外な共通点と思いました。

そして二つ目は、バレエの生徒さん自身が練習の中で、
3通りの方法いずれかに分かれていく奇妙さです。(先生から教えられていないようで。)
ふーてん的には、軸をうまく使って回転するのと呼吸で回転するのが(またはその両方を兼ね備えたのが)良いのではと思いますが。

実は古い時代の中国武術にもよく似たことが起こっていたのでは!?。
と考えております。
その前に前提として私自身が勝手に思っている事ですが、
中国武術は
易筋の武術気の武術
に分かれると考えています。

かつて筋力と体力を鍛えて力で戦う武術もありましたが、
筋力と体力を超える技術として、易筋法気功法が誕生し、武術に取り込まれていったのではと考えております。
(易筋の武術と気の武術の定義については、話が長くなるので、追々していきます。)
これはあたかも上記のバレエの様に、
誰かが何かを気づき、それを繰り返し鍛えていく中で誕生したのでは?!

ここに太極拳を含む中国武術の不思議さと素晴らしさを感じます
なんかバレエで呼吸で回転している人も、無意識に気功をしているのかと思ってしまいます。

ところで、私のやっている混元太極拳は?と言えば、
「気の武術」であると考えています。
まさにロマンティック!
であります。


さて、これから気の武術の話をしたいのですが、
これまた長い話になりますので、
(すいません!なんか眠たくなってきましたので)
パート2で述べていきたいと思っています。

次の機会までしばしお待ち下さい。

では、おやすみなさい!
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

お知らせ

太極会・名古屋教室

3月予定
練習日

3月5日(日)
3月12日(日)
3月19日(日)

3月26日(日) お休み


時間:10:00~11:30

場所:レンタルスタジオ E space
緑区神の倉スタジオ


尚、急にお休みになる事がありますので、
このお知らせの確認か
お問い合わせください
 
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。