ふーてん親父の太極的ライフ

現在、kurenyan先生より陳式心意混元太極拳を習い、先生の仰る「太極の拳」を目指して、地元愛知で練習中。

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

太極会 愛知名古屋教室

太極会 名古屋教室

伝統太極拳である
陳式心意混元太極拳
を練習します。

場所:レンタルスタジオ E space
 緑区神の倉スタジオ

     
時間:毎週日曜日
   10:00~11:30
スタジオの詳細は右のリンク欄で
参加費:\1500/1回
入会金:\3000

プロフィール

Author:ふーてん親父

妻と子供2人の父親。
現在、愛知で陳式心意混元太極拳を練習中。


ただし、私の所属している会は、伝統武術の教授を目的とする会であることから武徳に重きを置きます。これに合わないと思われる方の入会をお断りしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年 そして 新たな展開

昨年11月から、何か糸が切れた様にブログを休憩。
私自身、別に何かあったわけでもなありません。

ところが
今年になって名古屋教室「何か」が起こりました。

実は、初めての生徒さんが出来ました。

私の知り合いのTAさんです。

昨年の年賀状に太極拳をやっていることに合わせ、
「やりませんか!」と一言付け加えて差出しました。

それが何かのご縁

昨年年末に電話が!!!

「太極拳をやってみたいけど」

来た~~~!!!

である。

早速、年末最終練習日に無料体験頂き、
程なく年明けに入会。

やっと、太極拳教室が始まったという感じです。

しかし、そこで終わらないのが 名古屋教室 なのか?

話は今年最初の教室の日、始まる前に教室近くの神社で初詣しました。
実は、この神社は龍神様を祭ったと言われる神社とのこと。

何かが起こる予感 は全く感じませんでしたが、

次の週末この龍が大暴れ!

大寒波の大雪!!

雪雲の流れもありますが、
私の自宅の辺は、生まれてこの方、
積雪10cmくらいまでの記憶しかありませんでしたが、

その日は何を間違えたか20cmくらいの積雪

正に雪国になってしまったようでした。

これも龍神様の仕業か???

考えてみれば、昨年何か悪いことをしたような???
エライ事になってまったわ!!
どうにかして教室には行けないか色々と思慮するも
100m歩くのも大変な状況でした。

結局、やむなく教室はお休みに。

ガックリ!!

しかし

龍神様はこのままでは終わりません。

〝捨てる神あれば、拾う神あり”

次の週末の土曜日、電話が!

「太極拳のHP見たのですが、一度教室に行きたいのですが」

来た~~~~~!!!!!

である。

思えば、昨年教室が始まった9月から、時々その神社にお参りに行きました。
僕自身とても落ち着く神社でしたので、
その敷地で内功をさせて頂いた事もあります。

龍神様、ありがとう~~~!!!

ということで龍神様のお力もあり、
次の日、教室にTRさんが見学に。


新年、新たな展開で本格的に名古屋教室始動!(か)

今後どうなるかは・・・、


龍神様のサジ加減でしょうか!

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

大変遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます。


昨年晩秋より、色々ありまして。

そのうち、

年末年始でバタバタしまして。



ただし、少しばかり進化しました。

(混元太極拳の威力でしょう!)



近々また新しいこと、

お伝えしますね!!


乞うご期待


ふ~てんより

習ったことの重要性

先日、当会も参加する功夫会に行ってきました。
当会の横浜教室のY若奥様より、
「ブログ楽しみにしてます。

でも最近あまり更新してませんね~!!!




グサッ!(先生から(軽めの)突きを腹部に打たれた衝撃以上の衝撃が)



ふーてんも反省しており、
もうちょい軽いネタで沢山書きたいのですが・・・
「ええ加減、勘弁してちょっ!」
という感じでしょうか(T T)

Y若奥様、出来るだけ沢山更新しますので、ご勘弁下さい!!
(旦那様にも今後とも宜しくとお伝えください)


というところで、

今回、功夫会の次の日の練習会に参加させて頂きました。
陳式心意混元太極拳の24式の修正をして頂き、非常に勉強になりました。
ところが套路練習を始めていきなり、
立ち方に問題あり。

「えっ!!!」

である。
套路を行うにあたり、站椿でしっかり立ち方が身に付いていないため、
うまく型がきまらない
当日は24式左の表演をした次の日、
(24式終了と思っておりましたが)、
なんと基本中の基本である站椿に問題ありです。

「どえらいまいってまった~」

と言いたい。

kurenyan先生からも

「ふーてん君はこれから18式だな!」
と言って頂いたのに~!

明日からは站椿功からやり直しか!!!

である。

そういえば、私は30年弱前に八極拳を習っていた時代の話ですが、
最初チャンプーという独特の足の動きを学んだ後、金剛八式といいう単式練習を習い、
八極小架から大八極という套路(型)を学ぶのですが、、
その当時その会の先輩より

「次の套路を学ぶと前の套路の重要さが分かるんだよんね~(東京弁)

と。と。と。

大八極を学ぶと八極小架の重要性が分かり、更に金剛八式という単式の型重要性が分かるとのこと
私も、大八極の最初の数式程度までしか習うことが出来ませんでしたが、
八極小架が一通りできると、逆に前に戻ってチャンプーの練習に力を入れたことを思い出しました。

練習会後の懇談会(飲み会)でも、kurenyan先生はじめ諸先輩方々より

「24式の卒業は無く、やればやるほど課題が見つかるから、やり続ける必要があるんだよ」

と。やっぱり

「来た~~~。」

である。


太極拳を含む武術のみならず、あらゆるスポーツでも、
最後に戻る所は基本の基であるのでは!?と思います。
これは、最初に習う事は非常に重要であり、その後に続く套路の土台になることの証
そして、これぞ中国武術の巧妙なシステムであるのではと強く感じます。

例えは変ですが、

「釣りは鮒に始まり鮒に終わる」

混元太極拳も

「24式に始まり24式に終わる」

(ちょっと言い過ぎでしたか?!?!)

その24式も站椿が重要であることを痛感しました。

(しかし、釣りと太極拳が結びつくとは

「感動してまったわ~!!!」)

ま~、今日は眠たいので、明日から站椿からやり直しや~~~!!!

というところである。

健康法としての太極拳①

先月から教室が始まって思うことが幾つかあります。
その中でまずは「健康」という視点から太極拳を考えてみようかと思います。

と言うものの、世間の皆さまから
「太極拳は健康の為にやるんでしょう!!!」
との声が聞こえてきますが・・・。

ふーてん的には
半分正解!

と言ったところでしょうか!

このテーマも話し始めるとドえらい長くなってしまいますので、

今回は

第一弾として一般的な視点

からふーてん的な話をしたいと思います。


以前より生活習慣病などの現代病の多くは改善するのに運動も必要と言われます。
ところが、私の勤めている会社でも健康診断した時などは、
意外と多くの人が運動不足と言っています。
そして、そんな人が良く言うのは「薬や健康食品を飲んでいる」と。


そこで、話を進める前に前提として、
(私自身かなり以前から思っているのですが、)
「健康になる」とは2つ意味があると勝手に思っております。

一つは、病気やケガなどで体調の悪い状態から薬や治療などで健康の状態に回復すること。
これは、慢性病や生活習慣病、季節の変化等で体調を崩している状況から回復することも含まれます。
この「健康になる」は非常に一般的であり、健康になったらそれで満足する人も多いと思われますが、
これは今現在その人が持っている免疫力や自然治癒力が向上する訳ではありません。
逆に年齢に伴う老化により若い時よりもそれらが下がってしまいます。
そうなると病気も治りずらくなり、不健康な状態で生活していく事になってしまうことも。

もう一つの「健康になる」病気やケガになりずらい体を作る事です。
今現在ベストな健康状態から更に体を鍛えて、体質を向上させ、免疫能力や自然治癒力を高めていく事。
考え方としては予防医学的な「健康」法です。
これは前者と全く逆の発想です。


先日、文部科学省から体力・運動能力調査の結果が公表され、
高齢者の体力・運動能力は過去最高だと嬉しい報道がありました。
高齢者の方々もジムや運動等で体力を向上させた面も大きいのだと思います。
そして、太極拳もこの様な結果にわずかに寄与したと思っております。

当会の女性の方で、
体も小柄でとても優しい方がいるのですが、
80歳頃当会に入会し、
周りの会員の人たちがビックリする位練習を続けた結果
その2,3年後にお弁当屋さんのアルバイトを始め、
50代や60代の同じお弁当屋の女性アルバイトさんよりもよく働く
と評価を頂いたというのですから、
ビックリ
である。

また、私も推手の相手をして頂いた事があるのですが、
(自慢ではありませんが、私の体重は約100kg。)
ちょっとやそっとでは押し切られないと自負しておりましたが、
彼女を押しても
足に根が生えた様に微動だにしない・・・

どころか、
私が少し押されてしまう有り様。

何というマダムや!!!

である。
加えて周りの先輩方々は、
「やっとる!やっとる!」と言わんばかりに大笑い(TT)


結論ですが、
体力が落ち、老化が進んでから体力や免疫力を向上させても遅い場合があります。
そしてそうなってから大金を積んで治療や運動をしても・・・である。

ふーてん的には、そうなる前から少しずつお金を使って、
病気にならない体を作った方が賢明だ

と思いますが!?。

皆さんはどう思われますか?

気の武術として①

今週も名古屋の教室練習に行ってきました。

その日、長男をそろばんの試験へ、
長女を空手の試験に送り、
練習スタジオまでおもむろに車で出かけ、
結構いい時間に到着。

少し早く着いたせいか、スタジオに到着すると、
まだスタジオが開けられていない。
しばらく待っていると、スタジオの管理人の女性が到着。

中に入って練習の準備をしていると、
「なかなか生徒さんが来ませんね!」と。
(現在、名古屋教室は私一人のため、ほとんど、自主練習の状態です)
そこから少し話をする中で、当会の他の武術や気功と併習禁止の話から、
「突き一つでも力一杯に突く武術や格闘技がある一方で、逆に混元太極拳は力を抜く事が重要なのです
とお伝えすると、管理人さん(実はバレエの先生です)が
「バレエの生徒さんの中にも、
回転するのに力任せで回転する人もいれば、
軸で回転する人もいますし
、呼吸で回転する人もいます。
でも、力任せに回転する人は、
やはり限界がありますね」

と。
思わずビックリである。

特にふーてんとしては二つビックリしました。、
一つ目は、呼吸というバレエの回転には一見関係がない方法を利用して回転するという点。
当たり前ですが、単に呼吸をするだけでは人は回転しません。
しかし、あたかも呼吸を利用して上手に回転しているようにバレエの先生には見えるのですから。
内功などの気功も、呼吸を使って気を巡らせるので、意外な共通点と思いました。

そして二つ目は、バレエの生徒さん自身が練習の中で、
3通りの方法いずれかに分かれていく奇妙さです。(先生から教えられていないようで。)
ふーてん的には、軸をうまく使って回転するのと呼吸で回転するのが(またはその両方を兼ね備えたのが)良いのではと思いますが。

実は古い時代の中国武術にもよく似たことが起こっていたのでは!?。
と考えております。
その前に前提として私自身が勝手に思っている事ですが、
中国武術は
易筋の武術気の武術
に分かれると考えています。

かつて筋力と体力を鍛えて力で戦う武術もありましたが、
筋力と体力を超える技術として、易筋法気功法が誕生し、武術に取り込まれていったのではと考えております。
(易筋の武術と気の武術の定義については、話が長くなるので、追々していきます。)
これはあたかも上記のバレエの様に、
誰かが何かを気づき、それを繰り返し鍛えていく中で誕生したのでは?!

ここに太極拳を含む中国武術の不思議さと素晴らしさを感じます
なんかバレエで呼吸で回転している人も、無意識に気功をしているのかと思ってしまいます。

ところで、私のやっている混元太極拳は?と言えば、
「気の武術」であると考えています。
まさにロマンティック!
であります。


さて、これから気の武術の話をしたいのですが、
これまた長い話になりますので、
(すいません!なんか眠たくなってきましたので)
パート2で述べていきたいと思っています。

次の機会までしばしお待ち下さい。

では、おやすみなさい!

 | ホーム |  »

お知らせ

太極会・名古屋教室

2月予定
練習日

2月5日(日)
2月12日(日)
2月19日(日)
2月26日(日)

時間:10:00~11:30

場所:レンタルスタジオ E space
緑区神の倉スタジオ
  
以上

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。