トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

太極会 愛知名古屋教室

伝統太極拳である
陳式心意混元太極拳
を練習します。


場所:レンタルスタジオ E space
 緑区神の倉スタジオ

     
時間:毎週日曜日
   10:00~11:30
スタジオの詳細は右のリンク欄で
参加費:\1500/1回
入会金:\3000

プロフィール

ふーてん親父

Author:ふーてん親父

妻と子供2人の父親。
現在、愛知で陳式心意混元太極拳を練習中。


ただし、私の所属している会は、伝統武術の教授を目的とする会であることから武徳に重きを置きます。これに合わないと思われる方の入会をお断りしております。

月別アーカイブ

カテゴリ

静かなる復活

お久しぶりです!

最後の記事を書いてから約1年(11ヵ月)。

長い間、お休みして申し訳ありませんでした。

正直、当会(太極会)名古屋教室が順調に行われると共に、
そちらの方が忙しくなり、かまけていました。

また、今回から『静かに』復活致します。


ところで近況報告ですが、
この前の23日に人生初の(51歳にして)インフルエンザに掛かり、
おうじょうしました
ただし、24日には平熱に戻り、
26日には完全復活を自覚するところまで来ました。

本来、太極拳や気功をしていると、
普通に基礎体温が高くなり、
免疫力が上がり、
風邪やインフルにはなりにくくなるもの
ですが、
修行不足としか言いようがありません・・・
( (;´д`) トホホ であります)。

しかし、さすがにこの年で39℃近い熱が出ると、
インフルエンザなどのウイルス以外にも、
体中の良い菌から悪い菌まで全て死滅させたと思えるほど、
体の中がスッキリとした感じなのです。

正にリセットされた体になったのでは!?!?

これが、気功をやった後のスッキリ感とよく似ていて、
悪いものを全部出し切ったという爽快感があるのですから!。

こんな事なら、年に1度インフルエンザに掛かって熱を出すのも悪くはないと思いますが・・・
(すいません!少し調子に乗り過ぎました↓)。

今後『静かなる復活』をした私(ふーてん)はどうなるのしょう?
それは誰も、そう、私も分からない!!!

ただ、
2月からまた、太極会名古屋教室は普通に行われる
という事だけは、分かっています。
スポンサーサイト

段階

最近、太極会名古屋教室もにぎやかになってきました。
TAさんとTRさんが1月に入会し、3人で(時々2人で)練習してます。
TRさんは入会する前に別の陳式太極拳をしていたとのことなので、
あまり抵抗もなく練習に来てくれてますが、
当会の陳式心意混元太極拳は混元の動きがあり、
比較的套路(型)が長いので、少々苦戦気味。

最初の套路である混元太極拳の13式を覚えてもらってますが、
世間で一番有名な制定拳の簡化24式と同じくらいの長さがあると思います。
なので、一か月たっても金剛搗碓までやるのが精一杯な感じ。
套路を覚えるのも幾分大変です。

しかしこの頃、私は套路を覚えてからが本当の練習が始まると思っております。

套路を覚えた後の段階として

①覚えた套路が体に馴染む段階
②套路が体の中を動かす段階
③体の中の動きで套路をする段階

があると言われてます。

そして套路を覚える段階は
新しい事を覚え、出来ることの面白さはあっても、
やはり0段階と言ったところでしょうか?
ただ、覚えないと始まらないのも真実なので、それも大事ですが。

私の24式もまだまだ段階①といったところと思ってます。

その上、最近18式を覚えたてで、今度48式に挑戦しようかとしており、
24式を含め練り込む事の重要性も痛感していますので、もう手が一杯という状況。

少しばかり、練習に終わりのない「太極拳」の奥深さ感じます。

段階③に行くためにも、まずは今出来ることから。

そして楽しみながら続けて。

そんな所でしょうか?

新年 そして 新たな展開

昨年11月から、何か糸が切れた様にブログを休憩。
私自身、別に何かあったわけでもなありません。

ところが
今年になって名古屋教室「何か」が起こりました。

実は、初めての生徒さんが出来ました。

私の知り合いのTAさんです。

昨年の年賀状に太極拳をやっていることに合わせ、
「やりませんか!」と一言付け加えて差出しました。

それが何かのご縁

昨年年末に電話が!!!

「太極拳をやってみたいけど」

来た~~~!!!

である。

早速、年末最終練習日に無料体験頂き、
程なく年明けに入会。

やっと、太極拳教室が始まったという感じです。

しかし、そこで終わらないのが 名古屋教室 なのか?

話は今年最初の教室の日、始まる前に教室近くの神社で初詣しました。
実は、この神社は龍神様を祭ったと言われる神社とのこと。

何かが起こる予感 は全く感じませんでしたが、

次の週末この龍が大暴れ!

大寒波の大雪!!

雪雲の流れもありますが、
私の自宅の辺は、生まれてこの方、
積雪10cmくらいまでの記憶しかありませんでしたが、

その日は何を間違えたか20cmくらいの積雪

正に雪国になってしまったようでした。

これも龍神様の仕業か???

考えてみれば、昨年何か悪いことをしたような???
エライ事になってまったわ!!
どうにかして教室には行けないか色々と思慮するも
100m歩くのも大変な状況でした。

結局、やむなく教室はお休みに。

ガックリ!!

しかし

龍神様はこのままでは終わりません。

〝捨てる神あれば、拾う神あり”

次の週末の土曜日、電話が!

「太極拳のHP見たのですが、一度教室に行きたいのですが」

来た~~~~~!!!!!

である。

思えば、昨年教室が始まった9月から、時々その神社にお参りに行きました。
僕自身とても落ち着く神社でしたので、
その敷地で内功をさせて頂いた事もあります。

龍神様、ありがとう~~~!!!

ということで龍神様のお力もあり、
次の日、教室にTRさんが見学に。


新年、新たな展開で本格的に名古屋教室始動!(か)

今後どうなるかは・・・、


龍神様のサジ加減でしょうか!

あけましておめでとうございます

大変遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます。


昨年晩秋より、色々ありまして。

そのうち、

年末年始でバタバタしまして。



ただし、少しばかり進化しました。

(混元太極拳の威力でしょう!)



近々また新しいこと、

お伝えしますね!!


乞うご期待


ふ~てんより

習ったことの重要性

先日、当会も参加する功夫会に行ってきました。
当会の横浜教室のY若奥様より、
「ブログ楽しみにしてます。

でも最近あまり更新してませんね~!!!




グサッ!(先生から(軽めの)突きを腹部に打たれた衝撃以上の衝撃が)



ふーてんも反省しており、
もうちょい軽いネタで沢山書きたいのですが・・・
「ええ加減、勘弁してちょっ!」
という感じでしょうか(T T)

Y若奥様、出来るだけ沢山更新しますので、ご勘弁下さい!!
(旦那様にも今後とも宜しくとお伝えください)


というところで、

今回、功夫会の次の日の練習会に参加させて頂きました。
陳式心意混元太極拳の24式の修正をして頂き、非常に勉強になりました。
ところが套路練習を始めていきなり、
立ち方に問題あり。

「えっ!!!」

である。
套路を行うにあたり、站椿でしっかり立ち方が身に付いていないため、
うまく型がきまらない
当日は24式左の表演をした次の日、
(24式終了と思っておりましたが)、
なんと基本中の基本である站椿に問題ありです。

「どえらいまいってまった~」

と言いたい。

kurenyan先生からも

「ふーてん君はこれから18式だな!」
と言って頂いたのに~!

明日からは站椿功からやり直しか!!!

である。

そういえば、私は30年弱前に八極拳を習っていた時代の話ですが、
最初チャンプーという独特の足の動きを学んだ後、金剛八式といいう単式練習を習い、
八極小架から大八極という套路(型)を学ぶのですが、、
その当時その会の先輩より

「次の套路を学ぶと前の套路の重要さが分かるんだよんね~(東京弁)

と。と。と。

大八極を学ぶと八極小架の重要性が分かり、更に金剛八式という単式の型重要性が分かるとのこと
私も、大八極の最初の数式程度までしか習うことが出来ませんでしたが、
八極小架が一通りできると、逆に前に戻ってチャンプーの練習に力を入れたことを思い出しました。

練習会後の懇談会(飲み会)でも、kurenyan先生はじめ諸先輩方々より

「24式の卒業は無く、やればやるほど課題が見つかるから、やり続ける必要があるんだよ」

と。やっぱり

「来た~~~。」

である。


太極拳を含む武術のみならず、あらゆるスポーツでも、
最後に戻る所は基本の基であるのでは!?と思います。
これは、最初に習う事は非常に重要であり、その後に続く套路の土台になることの証
そして、これぞ中国武術の巧妙なシステムであるのではと強く感じます。

例えは変ですが、

「釣りは鮒に始まり鮒に終わる」

混元太極拳も

「24式に始まり24式に終わる」

(ちょっと言い過ぎでしたか?!?!)

その24式も站椿が重要であることを痛感しました。

(しかし、釣りと太極拳が結びつくとは

「感動してまったわ~!!!」)

ま~、今日は眠たいので、明日から站椿からやり直しや~~~!!!

というところである。

お知らせ

2018年2月予定
練習日


2月4日(日)
2月11日(日)
2月18日(日)
2月25日(日)

見学体験の場合、
事前にお問い合わせください
 

最新記事

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: